画像をアップするスペースをお持ちでない方も、
<参照>ボタンからパソコン内の[ファイルを開く]感覚で、
ご自慢のお写真、お気に入りのお写真をご投稿下さい。
携帯からも閲覧・投稿可能らしい(?)です(^_-)-☆

画像BBS(携帯OK)

29449
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

アド街ック天国シリーズ - くりちゃん

2018/04/16 (Mon) 23:09:05

どこまで続くか楽しみでした(^^ゞ

取り敢えずオイラの拙い文章だとわかりずらいので…

世界一と評価される奇跡の名園…
http://tabi-tokimeki.com/archives/8999

「ソース」の違い こんなに違う!?…
http://masaruozeki.hatenablog.jp/entry/2017/05/15/100702

群馬でも富士山が見えたりします…
https://blogs.yahoo.co.jp/guy_tk0621/26377363.html

甘味処はそうですね。関東人は甘いものが好きなん
ですかね?あんみつやらパフェやらクレープやら
学校帰りに食べてましたね。市内でも有名な夏は
かき氷冬はたい焼きだけで財を成したお店があります
から…そういうオイラは寄り道はしなくなりました
けど干し芋やきんつばが大好きで(^^ゞ

http://sp.yamazakipan.co.jp/product/03/kintsuba.html

安くて賞味期限が短いですがあんまり甘くなくおススメ
です。

粉物は…学生時代友達同士でお好み焼き屋に行ったり
しましたけど滅多になかったですね。たこ焼き屋は昔
なかったし(笑)。銀だこが最近ですかね?
寄り道といえばマクドナルドが多かったですかね。

今日は気付くのが遅かったんですけどどこかで車の
後ろのバンパーがぶつけられてました(^^ゞ

また色々調べてみますね。

Re: アド街ック天国シリーズ - くりちゃん

2018/04/16 (Mon) 23:20:50

ヒガシマルはうどんスープのCMが関東でも流れて
ますね。

https://m.youtube.com/watch?v=1Vh7WltTCj0

うちのソースはブルドッグで醤油はヤマサでした。

そういえば色々な人が言ってましたが…
焼きそば屋はそんなになかったし有名ではないですね。
あとラーメンにモツ煮がつく定食は口を揃えて初めて
聞いたと言ってます(苦笑)。

http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/backnumber/20180407/

ところで…
群馬にこんな川があるとは知りませんでした。

ピョーン°゜°。。ヘ(;^^)/ スタコラサッサ

観察日記 - くりちゃん

2018/03/30 (Fri) 23:44:43

お返事はまた後程…ヾ(_ _。)ハンセイ…

白ダシ - くりちゃん

2018/04/05 (Thu) 22:18:39

明石と言えばこちらではタコが有名でうちの弟が神戸の方に
仕事で出掛けた時にたこつぼのような容器に入ったタコ飯らしき
ものをお土産で買って帰ってきたことがあります。
その際にタコ飯は自分だけで他の家族には明石焼きを買ってきて
くれました。たこ焼きとは違い玉子焼きをだしつゆにつけたような
見た目ですが食べるとフワトロのたこ焼きの柔らかいような感じで
ダシつゆも美味しかった記憶があります。中にちゃんとタコも入って
ましたしね。

実はうちも白だしにハマった時期がありまして…澄んだ色に比べて
塩分が強く塩っぱいイメージしかなかったですね。素材の色味の良さを
引き出すのは白がきれいなんでしょうけどやっぱり普通の醤油に
なってしまいますね。最近は生の醤油は黒くないなんてやってますが
少し赤っぽい醤油も薄味に感じてしまいます。

決して腎臓が悪い訳ではなく血圧も異常には高くありませんよ。

この間はあまりにも暑かったので冷たい麺だけの画像に入れ替えて
しまいましたが今日は花冷えなのであったかたぬきの器のひもかわ
の画像をお持ちしました。食べてるのは本人ではないですけど
実際にお店には食べに行ったことはあります。

ディモルフォセカ咲きましたね。なんか色が違うのも咲いたみたいで
母も喜んでました。まだ蕾もいくつかありましたのでまた咲き乱れたら
写真アップしますね。

ん?これは温かい麺なのか??ちとまた物色…

Re: 観察日記 - くりちゃん

2018/04/05 (Thu) 22:28:33

こちらが温かい麺の全貌です。

タコ飯 - くりちゃん

2018/04/05 (Thu) 22:33:17

ちなみに弟が食べてたのがこれです。
他の家族は食べられませんでした。
残った器は??と考えると横川の峠の釜飯と
同じですね。最近では陶器の器でないものも
売ってるみたいですが。

確か… - くりちゃん

2018/04/05 (Thu) 22:37:07

その時に食べた明石焼きはこれだったと思います。
美味しかったですよ。

咲きましたねぇ(*^^)v - DonDon

2018/04/06 (Fri) 03:50:26

お母様、種から丹精込められたディモルフォセカ、
綺麗に咲きましたね!
このお花は、花びらが、金属質とまでは行かなくても、
皮革質以上の光沢がありますから、
春の光をそこにグッと集めているように明るい印象ですね(^^♪

ディモルフォセカといえば、やっぱりこのビタミンカラー。
花芯(このお花の場合はキク科なので、雄蕊・雌蕊ではなく、
筒状花)部分が黒目っぽく濃い色なのも、全体にキリっと引き締まって、
全体にヒラヒラして甘い色合いの多い春のお花の中で、
ちょっとクールというか大人っぽい感じがします(^-^)
これから、どんどん咲いてくるでしょうね。
花がら摘みが忙しくなるくらい咲いてくれるといいですね!

年度が替わったのに、旧暦の雛祭りを過ぎても仕舞い損ねていました(^^;)
今年は、桜が、開花から満開まで一気に進み、
関西では、今日まで樹上に残った花も、明日の雨で枝を離れることでしょう。
まさに「花の雨」。
黒や紺の男物の傘には、友禅模様が映えますね。
入学式の記念写真にはグラウンドに敷き詰められた花びらが写るでしょうか?

美味しそうな、温かタイプのひもかわは、なんと狸のお丼!!!
週末に、続きのレスさせて頂きますねm(__)m

本日! - くりちゃん

2018/04/07 (Sat) 10:06:47

ご都合が宜しければ夜9時からテレビ東京系列の
アド街ック天国をご覧下さい。住んでる街が出ます。
テレビなのでかなり盛られてるとは思いますが(苦笑)。
ゲストも出身地ではないみたいなので…

ホントはこんなとこです(笑)。

アド街ック天国(1) - DonDon

2018/04/15 (Sun) 00:13:35

続きのレスを「週末に」と書きながら、
さらに次の週末までずれ込んでしまいました\(_ _*)

さてさて、余りに期間が空き過ぎて、何の話題からにするか、
迷いますが……(^^ゞ

まずは、
【ひもかわ】
温かい麺も、夏には冷たい浸け麺も、どちらもあるということですか。
「ひもかわ」が特産の桐生、日本三大うどんに数えられることもある水沢と並んで、
館林は、群馬の三大うどん(上州うどん)の一画を占めて、
ここでも、「ひもかわ」も楽しめるようで。
「ひもかわ」の味わい方の一つ「おっきりこみ」に
カボチャが入っているのを見ても、
山梨の「ほうとう」と似ていると思いました。

Upして頂いたお写真の器を目にして、
「“狸の焼き物”といえば、どうしても信楽焼を頭に浮かべてしまう」
と思ったら、「花やま」で使っているのは、
やはり信楽産でしたね(^_-)-☆
ご案内頂いた「アド街ック天国」で、『ぶんぶく茶釜』の舞台の
茂林寺が近いと言っていましたので、それで狸なのでしょう。
同じ器の新作の釜玉(ひもかわではないようですが)もおいしそう(^^♪

【明石焼き】
弟さんのお土産で冷凍の明石焼きを召し上がったとのこと。
以前触れましたが、たこ昌は創業まだ40年で、冷凍法を開発したのとTVCMで、
一気に大阪土産として有名にはなりましたが、
そこが販売する「明石焼き」は、本場明石の方々からしてみれば、
ひょっとしたら本物の「玉子焼き」とはちょっとばかり違う
と言われるかもしれません。
私もまだ、本場の味は知りません(~_~;)
昔から私の地元の「荒神さん」(竈の神であり、でも仏教のお寺?)に行くと、
参道の本当に小さな屋台の床几で「おつゆにつかった蛸焼き」を食べるのと、
その隣で煎り立ての天津甘栗をお土産に買って帰るのが楽しみでしたが、
そこの独特なふやけた蛸焼きと思っていたのが、どうやら明石焼き(玉子焼き)を
真似ていたようです。
それくらい、同じ県内でも、明石の粉物は知られていませんでした。

【白だし】
そうでしたか、くりちゃんさんのお宅で、凝られたことがあったとは!

淡口醤油はお料理の仕上がりの色が薄いので、味も薄いかというと、
塩分は濃口醤油より多いのですから、
淡口醤油を、ついつい色が少しはつくように足して行ってしまうと、
随分ショッパイ出来上がりになりますね。
白醤油となると、さらにです!!!
昔、おせち料理のお煮しめの蓮根・里芋・筍・高野豆腐用に買い求めて使う際、
塩味をお塩で付ける時と同様、色を判断基準にしないことをしっかり守らないと、
「エライこと!」になると肝に銘じた記憶があります。

白だしも、色の薄さに釣られて使うと、無惨な結果に
なってしまったのでしょうね( ノД`)

【蛸飯】
峠の釜飯風という器、仰る通り、蛸壺の形です。
蛸は壺を沈めて獲るものとばかり思っていましたが、
釣ることもあるのを最近知りました。

その昔、「満月の夜には蛸が海から上がって畑の大根を
抜き去って行く」という言い伝えがあると聞いたことがありますが、
父に尋ねると「子供の頃、見たよ」と言っていました…眉唾?

明石は、蛸以外にも、鯛や穴子も名産です。
十年近く前、淡路島から明石に帰るのに乗った船は
(行きは明石海峡大橋をバスで渡りましたが)、
「たこフェリー」でした\(^o^)/(もう、廃止されましたが)

余談ですが(私の話はすべて余談ではありますが)、
「人気があって八方から求められる」ことを「引っ張り蛸」と言うものの、
そもそもは、蛸の干物を作る時に、八本の足を広げて干すことを
「引っ張りだこ」と言って、古くはその形から
磔の刑やその罪人を表す言葉として使われたのが、
いつの間にか、今のよい意味に変化したというのは、
ビックリです(@_@)

アド街ック天国(2) - DonDon

2018/04/15 (Sun) 15:22:29

そうそう、「アド街ック」って、一発変換できることにも
驚いています(@_@)
昔はキンキン、その後イノッチが司会をしている番組という
認識しかなかったもので、今回初めて観ました(^O^)

【粉食・小麦文化】
上州も浪花も、(大阪弁で言う)広義の「粉もん」文化圏なのですね(^_-)-☆
こちらは、お好み焼き(モダン焼き含む)・蛸焼き(明石の玉子焼き含む)・
おうどん・お素麺(兵庫県の播州揖保&淡路島・奈良県の三輪が、
長崎県島原や香川県小豆島より身近です)・そば飯ですが、
そちらは、おうどん(ひもかわ含む)・おっきりこみ・焼き饅頭ですね
<関東に広げれば、もんじゃ焼きやお蕎麦もモチのロン>

東京の女子高生は(ファーストフードやファミレスなどなかった昔の話ですが)
学校帰りに「甘味処(この読み方さえ、関西人は知りませんでした)」に寄って
あんみつやおぜんざいを食べるのに対し、
関西は(うちの学校は外食しませんでしたが)お好み焼き・蛸焼き屋さんに集まる
とうのが定番でした。

【ソース】
それから、そちらで「粉もん」の焼きそばが、思いがけないお店や
工場の片隅で提供されているのには、本当にビックリ!!!
しかも濃い味好きなので、ウスターソースをドバっとかけるのですね。

ソースは、カゴメに次ぐのはそちらではブルドックですか?
というより、ブルドックが主流?
こちらはイカリが双璧なので、関東の店頭にないのを見て
地方ブランドだと知った次第。
オリバーというブランドも関西では3番手に控えています。
そして、テレビで、関西は各家庭でソースを数本は常備している
(ウスター、トンカツ、お好み焼き、蛸焼き、焼きそば、どろ、だし入りなど)
のに、関東では中濃ソースしか売っていないと何度か聞きましたが、
そちらにもウスターが知られているのは嬉しいでした\(^o^)/

40年ほど前、「ウスターとトンカツのどちらの代わりにもなる」イメージで、
1本で万能な中濃ソースのTVCMが流れた頃は、こちらでも、
スーパーの店頭に、ウスター・トンカツと一緒に中濃も棚に並びましたが、
今はかなりあちらこちらのお店を探さないと滅多に見かけなくなりました。

関西では、恐らく大正から昭和初期に、まだ洋食が珍しい頃、
ソースをかけると何でもモダンとかハイカラな感じがしたのか、
お好み焼きの原型(広島のお好み焼きのように、
粉を溶いたものだけを鉄板に広げて焼いて、上にネギを盛り上げたもの)を、
ソースをかけて食べるからか「一銭洋食」と言ったとか。

私の小さい当時、関西人は洋食に憧れたのでしょう……
カツ・フライ類だけでなく、ポテトサラダやカレーライスにも
(当時恐らくスパイスが胡椒程度しかなかったので)風味を足す目的で、
そして揚げ物繋がりで天麩羅にも(家庭では天つゆまで用意しなかったからか、
塩と二択で)
また純粋な和食でないからか、焼売・餃子や豚まん(そちらの肉まん)にも、
家庭では酢醤油ではなく、ウスターソースをかけました。

アド街ック天国(3) - DonDon

2018/04/15 (Sun) 17:18:06

【正田醤油】
関東では、キッコーマン・ヤマサに次ぐ売り上げで、老舗なのだとか!
こちらでは聞いたことがありませんでした。
千葉の銚子や野田より前に、和歌山の湯浅で作られ始めたとは言いますが、
今は大手は皆関東ですね。
ただし、関西では淡口醤油だけは、ヒガシマルがキッコーマンより
上を行くかもしれません。

40~50年前は、西洋人はsoy sauseやsoy bean pasteとして紹介しても、
お醤油・お味噌は(納豆ほどではなくとも)発酵臭が気になって口にしない、
生魚も生臭いといって食べない
――と言われていましたが、今ではお寿司(しかも生魚の握り寿司も)や、
照り焼きで、醤油味も馴染みになっているのですからね。
海外でもザラに売られているのには、時代の流れを感じます。

「正田醤油」を知らなくても、「日清製粉」と並んで紹介されれば、
私の世代は、ご実家は「日清製粉」と聞いていますし、
「正田」は美智子さんの旧姓として知っているので、
きっと現皇后陛下と縁のある企業なのだろうなとは、
拝察しました。

【日清製粉】
私自身は、ご成婚パレードを、自宅に来たばかりのテレビで、
ご近所集まって観た(途中テレビの映りが悪くなって、誰かが叩いたら
接触が悪かったのが戻って、よく観えた)という記憶がギリギリありますが
(2つ下の弟はまだ乳児を抜け出したところだったので、覚えていないそう)、
「きれいなお姉さんが、お姫様のようなケープやドレスを着て、
お嫁さんになるんだ」とお伽噺の一つのように眺めていました。

後に、小学生~大学生になってから、親たちの世代から、
「製粉会社の社長さんのお嬢様だったので、
皇族・華族からではない一般人から初の皇太子妃殿下になられることを、
庶民出身ということで親しみを込めて“粉屋の娘”さんが
皇室入り……と言ったものよ」とか、
「高級百貨店といえば、越後屋から歴史のある三越だったけれど、
美智子さんがお嫁入り道具一式を揃えられたことで、
高島屋がいっぺんに一流と言われるようになった」とか、
「浩宮さん(現皇太子殿下)の子供服に、美智子さんが
ファミリア製を選ばれたので、瞬く間に有名ブランドとなり、
皆が我が子にも着せようと競った」とか
エピソードを教わりました(*^^)v

アド街ック天国(4) - DonDon

2018/04/15 (Sun) 20:31:51

【地理感覚】
関西人からすれば、関東は全体で首都圏というより「東京」と思っているので、
横浜へ行くにも成田に飛ぶにも「東京に行く」、
それこそ弟が宇都宮に住んだ時も親は「東京にいる息子は」
と言ってしまいます\(_ _*)
まぁ、関東の方々からすれば、京都も神戸も奈良も、
近畿圏はまとめて「大阪」と感じるのと一緒だと思いますが。

それにしても、お天気がよければそちらから富士山が眺められるとは!!!!!
山梨の山を東京・埼玉越しに見るということが、
関東平野の広さ・平らさなのでしょうけれど、
不思議な感覚です。
確かに、三重県からでも気象条件がバッチリ揃えば、
富士山の輪郭が見える地点があるというくらいですから、
日本一の山は、かなり広い範囲で確認できるらしいとはいえ、
番組で映っていたようにしっかりと観賞できるのは、羨ましいですね。

こちらは、もしも現在のようなマンション群がなかったとしても、
2駅先は山の陰ですし、
家の前は川が流れ、その向こう岸には山並みが、
そして家の後方1㎞以内にも別の山系が走ります。
とは言っても、山間部ということもないので、
車で30分行けば最寄りの海岸に辿り着きます。
我が県は、日本海にも面しているので、
その海辺へも車で2時間半以内、隣府の日本海岸なら1時間半で到着です。

【高校】
以前にも書いたかもしれませんが、こちらでは公立高校は
殆ど共学で、
現在は近畿で和歌山にただ1校女子高校が残っているようです。
公立男子高校は近畿にはない模様。
私が高校に進むころには、模試のコード番号一覧に我が県北部に
確か1校女子高があった記憶が残っていますが、定かではありません。

なので、30年ほど前に、県立浦和高校や宇都宮高校が男子校で、
女子は浦和第一女子高校や宇都宮女子高校に進むと聞いた時は
「今の時代に!!!」と驚きましたが、
そちらのトップ校を見ても、
今も、男女別の高校のままなのですね。

これも、以前に書いたような気がしますが、
共学校になったとはいえ、都立の高校は、平成になっても、
旧制中学校(男子校)起源の場合は、女子の定員は例えば最大で
全体の3割止まりという規制が続いていたようで、
今はようやく、45%ずつは男女それぞれに選考し、
残り10%は性別に関係なく成績順ということなので、
片方の性は最大に差がついても55%までですね。

我が県などは全く逆で、できるだけ男女同数に近付けるため、
昭和40年代に、男女別なく成績順に合格者を出して行き、
片方が60%に達したら残りは反対の性からすべて選ぶという
選抜法を採っていたので、都立の男女定員格差に違和感があったのですが、
北関東などの今も男女別の公立校がある県からは、こちらの方法に
かえって抵抗があるかもしれません。

この辺りでも、私立は、もちろん男子校・女子校たくさんありますが、
時代と共に、共学化や、有名私立大学の付属化が進んでいます。



アド街ック天国(5) - DonDon

2018/04/16 (Mon) 02:20:41

【文福茶釜】
口伝で広まった他の昔噺・お伽話と違い、
(「かぐや姫」は、『竹取物語』という原典がはっきりしているものの、
作者不詳なのに対し)、珍しく「文福茶釜」には作者がいる――
と数年前に読んだ気がして、予想外に創作童話なのだと
思いこんでいたのですが、今回もう一度調べてみました。

やはり元々は全国各地に似たような(狐の)恩返し伝説があって、
江戸時代の浮世絵師・戯作者 近藤清春が
狐を狸に置き換えて『ぶんぶくちやがま』という赤本に仕立て、
また松浦静山の随筆集『甲子夜話』でも上州茂林寺の守鶴の話として
取り上げられ、
さらに明治に入り、巖谷小波が『日本昔噺』に収めて出版した
――ということのようです。

民間伝承をしっかり作品にまとめ上げた人たちの存在がハッキリしている
のであって、作者とは言えなさそうですね\(_ _*)

【つつじが岡公園のツツジ】
そして、何と言っても、ランキング1位だったつつじが岡公園。
今、まさに見頃を迎えているのでしょうね。

近畿全体では公園・寺社・山麓も含め幾つか名所があるようですが、
いわゆる京阪神地域では、
竹取物語の舞台であった筍の名産地 京都府乙訓辺りにある
長岡天幡宮が有名ながら、後は各地の浄水場といったイメージなので、
今回紹介されていたつつじが岡公園の見事さには息を呑みました。

ただの場所埋めや景観作りのためではなく、
城主の入水した側室を悼んで一面に植えられたり
(漫画にまで描かれているのですね)、
歴代の領主が領内や日光から移植させたりと、
歴史があるのが伝わって来ます。
樹齢700年とか400年とかとなると、幹の直径は果たしていかほどに???
さらに、宇宙ツツジまであるとなると、新時代のものまで揃っていますねぇ。

「躑躅」という文字は、「植物名です。何と読むでしょう?」と
出題されれば読めますが、自分で書くことはできないだけでなく、
ヒントなく漢字を見せられれば、何か足の動きかと思ってしまう
――とこれまで思って来ましたが、
先日の番組で、ツツジの花の蜜を吸い過ぎると、
あるいは、ツツジの仲間のよく似たレンゲツツジやシャクナゲの蜜を吸うと、
毒で足元がふらつくことから、ふらつきを表わす言葉と
同じ字が当てられたとの説明。
納得です(*^▽^*)

中国で「羊躑躅」と書くシナレンゲツツジの葉を食べる
と羊が足を取られて死ぬとか。
そう言えば、ツツジの仲間のアセビも、その葉を馬が食べると
毒で酔ったようにふらつく木だから「馬酔木」と書くのですから
結構毒がある植物なのですね。
でも、同じツツジ科のブルーベリーは実が食用になるのに……。

もっとも、根を引き抜く音を聞くと死ぬと西洋で言い伝えがあるマンドラゴラも、
華岡青洲が麻酔に使った曼陀羅華(マンダラゲ)=チョウセンアサガオも、
どちらもナス科で、神経毒を含むものの薬草としても用いられますが、
だからと言ってナス科全部が食べられないわけでは勿論ないので、
ナスにトマトにピーマン、じゃが芋と野菜として
たくさん私たちの食卓に上るのですね!
似た仲間だからと簡単に思い込まず、よく調べてから、
そして人類の先輩たちが身を以て証明してくれた安全を守って、
ということでしょうか。

綺麗な花から毒に話が飛んでしまいましたが、
つつじが岡公園の圧巻の朱と紅紫に、それこそ酔い痴れたい気分です
\(^o^)/

怪我 - くりちゃん

2018/03/16 (Fri) 17:46:46

梅宮さんではありませんが…

わたくしも階段で躓いてしまって角で膝を数センチ
切ってしまいました。夜中だったので血を止めるのに
必死で朝までわらわら…

すぐに整形外科に行ったんですけど縫わないとダメだ
と言われ痛い麻酔の注射を打ち何針か縫ってきました。
ちょうど曲がる所なのでなかなか付かず未だに抜糸
出来ない始末です。

何が辛いってお風呂に入れない事とお酒がダメな事…

暫くの間辛抱です。

どうかお大事に!!! - DonDon

2018/03/16 (Fri) 19:19:16

くりちゃんさんだけに、イガが割れるのは実りの合図ですが、
ヒザが割れる(?裂ける?)大ケガをなさったとは!!!
お話を読んだだけで、痛いというか背中がゾクゾクしました((>_<))
滴る血を抑えつつ、痛みと闘いながら、
止血できそうな布や紐を探されたのでしょう。・゚・。(⊃д⊂)。・゚・。
大変でしたね(+o+)

麻酔を打って縫っても、腰かけたり、少し歩いたり、
向きを変えたりするたびに患部が動くので、
なかなか組織がつながらないとは、ほんとにお気の毒です。
抜糸までまだかかられるので、お風呂が無理なのですね(;_;)

母も向う脛・脹脛~足首を火傷した後は、
ポリ袋に膝下を収めてテープで封じ、
シャワーで過ごしたのを想い出します。
まだ汗ばむ季節になる前なのがせめてもの救い――
と申し上げても、慰めにはならないでしょうけれど。

お酒も血流が良くなり過ぎるので、出血や炎症のある間は
我慢ですね(*_*;

↓のスレッドで、くりちゃんさんの
> 今日みたいな暑い日は黄金色の炭酸水が一番
とのコメントを、
最初はオランジーナのような柑橘系の炭酸飲料と
思ってしまった私(^O^)
大麦が原料の大人向け炭酸水のほうですね!
これもまだ暫くお預けとなりますが、
一日も早いご快復をお祈り致しております(^人^)

まさか、くりちゃんさんもディナーショー前だったのでは
ないでしょうね(^_-)-☆

回復しました。 - くりちゃん

2018/03/29 (Thu) 00:06:47

今週の月曜日無事抜糸してお風呂と黄色い飲み物
復活致しました。どうやら抜糸まで二週間は糸を
抜けないようで悶々と過ごしていました(苦笑)。

まだ糸は抜いたけれどもかぶれないテープを患部に
貼って大事に至らないようにしてます。正座と走る
事は制限されてるんですよね。あと半月の我慢です。

半月間体を拭く生活からお風呂に入れるようになって
日本人で良かったと思いましたね。やっぱりシャワー
だけじゃなんか物足りないというか…

季節柄あまり暑くなくて良かったのですが間に雪の日
挟んでこの間桜が満開そして今日は夏日。毎日が
走馬灯のようですね。

しかし下の画像よく出来てますよね(爆笑)。

ホントに足が上がらなくなりますからどんどんさんも
転倒にはお気をつけて。

ディナーショーやれば沢山の御祝儀が入って来ます
から意地でもやりますよ〜

でも芸がないし話芸も達者ではないので(苦笑)。

今日みたいな暑い日はひもかわが美味しいですね。

抜糸お祝い - DonDon

2018/03/30 (Fri) 05:03:49

ようやく抜糸までは辿り着かれたようで、
ご入浴とアルコール摂取のご許可も出て
本当におめでとうございます\(^o^)/

とはいえ、正座と走ることは、まだ半月は控えるように
ーーですか( ノД`)
椅子に腰かけたり、歩いたりするだけでも、
お膝の筋肉や皮膚にどうしても負担はかかりますが、
それどころではない影響が出るということですね(;∀; )
「ついうっかり」ということのないよう、意識してお控え下さいね。

3週ほど前にも、冬の寒さから一気に弛んだ時期がありましたが、
先週の関東は、やはり「寒の戻り」という言葉では済まない
異常な低温だったようで!Σ( ̄ロ ̄lll)
予報では、北関東や、秩父や多摩といった長野に近い辺りは、
「雪が見られるかも」程度の話だったのが、
蓋を開けて見ると、
真冬でさえ、チラつく雪も似合わない江ノ島の海岸線に
白く雪が積もっている映像にも驚きました!!!(+o+)
東京も開花宣言をもらった桜の枝に綿帽子が……。

しかも最高気温を朝のうちに記録したまま、
後は昼にかけてどんどん気温が急降下したり。
翌日には最高気温が10℃近く上がる日もあれば、
そしてこの1週間の間に日中の気温気温だけ見ると、
20℃ほどは変化したり。
そちら辺りも一気に桜前線が過ぎ、
今は既に満開の万朶の桜とは!
走馬燈、フル回転し過ぎて、
『ちびくろサンボ』の虎バターのように、
融けてしまったのでは???(>_<)

こちらはあの日、積もるほどではなかったものの、
(昔は5月初夏のイメージだったのに、温暖化のせいか
 近頃桜の開花には渡って来ている)燕たちが、
突然の吹き付ける横殴りの雪の中、体を翻して
慌ててどこかへ逃げて行った姿が印象的でした。
あれではまるで『幸福の王子』のお話のように、
燕さん凍えて硬くなってしまいます(;_;)

人間も気温変化について行くのに四苦八苦しますが、
例年の本来の時季に先駆け弛んだ蕾、地面からもたげた葉先、
地中から目覚めた虫、孵った雛、日本に着いた渡り鳥は、
衣服や暖房での調整もできず、
真冬への逆戻りに「震え上がった」では済まないでしたからね。

知恵と文明に感謝しつつ、私たちは何とか自分の身を守りましょう。

「ひもかわ」の文字を見て、何とか写真のヒントなしでも
「麺類だったかなぁ」程度まで辿り着きはしたものの
(でも一瞬、焼き鳥のヒモとカワを思い浮かべはしました(;^_^A  )
アップして頂いた麺の何と幅広いこと(@_@)
(いつの間にか、冷たい麺だけに?)
「きしめん」のようなものをイメージしていた私には、
雲呑の皮にしか見えませんでした(^O^)

このボリュームなら、
関西のお素麺のように
甘く濃いめのお澄ましのような浸けづゆでは、
絶対に物足りないでしょうね?
http://www.kitamura-cook.com/recipe/re_204.html
https://funky802.com/flip/smile/archive/index.php?entrytime=20110701
実は(なぜか関西の素麺梅雨や茄子の煮浸しに昔は必須だった)
「しいたけ」「干しエビ」が大の苦手の私は、
鰹と昆布の合わせ出汁(インスタントの顆粒でOK)に
塩と淡口・味醂を合わせています。
ちょうど、PETボトル入りで売っている「白だし」
キッコーマン
http://www.kikkoman.co.jp/kikkoman/hontuyushirodashi/index.html
ヤマサ
https://www.yamasa.com/products/home/tsuyu/konbutsuyu-shirodashi/
ミツカン
http://www.mizkan.co.jp/products/detail/series08/965034.pdf
などに、味醂を少々追加しても簡単に作れますよ(^_-)-☆
わずかに濃くし味醂を控え目にすれば、
明石焼き(卵タップリ出汁多目で緩く焼き上げた大ぶりな蛸焼きを
温かなおつゆに浸して頂く)
https://www.akashiyaki-yokoi.com/明石焼きとたこやきの違い/
https://www.akashiyaki-yokoi.com/%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94/
http://www.ipt.bb4u.ne.jp/~maru2/akashi.htm
http://www.location-research.co.jp/kyoudoryouri100/recipe/recipe/280234
  (じん粉不要のパターンも[D]にあり)
https://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/704395/
https://allabout.co.jp/matome/cl000000010220/
  (じん粉なしのレシピも掲載)
の浸けづゆにもなります
(拙宅も粉類は薄力粉だけの簡易版です)。
明石の本物は、その地元では「明石焼き」と言わず、
「玉子焼き」というそうですが……。

3月は炭酸煎餅。 - くりちゃん

2018/03/05 (Mon) 01:14:28

炭酸煎餅と聞くとピンと来なかったのですが
色々調べてみると模倣品が群馬にもありました(笑)。

形は違えど食感は同じなんだろうなと思います。
有馬温泉はサイダーの発祥の地なんですね。毒水と
呼ばれていたものを始めて口にした人は相当勇気が
あったんだろうなと思います。炭酸水は健康に良い
なんて聞いてしばらくの間飲んでいましたが何も
変わらず…今日みたいな暑い日は黄金色の炭酸水が
一番ですね(^○^)

>背丈のある樹々が少ない分、紅葉たけなわのシーズンは、
>ナナカマドの赤、ダケカンバの黄、チシマザサの緑などが
>点在して、その散りばめたような色の取り合わせが妙なの
>だろうな……とか、想像して楽しみましたヽ(^。^)ノ

こういう文章はdondonさんらしいですね。今では蔵の中に
仕舞われてしまった膨大なデーターも時が経てば重要無形
文化財並みの価値があるんじゃないんでしょうか。

今でも手が空いた時などガーデニングはなされているん
でしょうか?うちは親父が二年ぶりに茄子を作ろうと
土と肥料を買ってきたみたいですが…未だ進まず。
どうもうちは花よりダンゴのようで。

母はディモルフォセカ?の種を蒔いて花が咲くのを
楽しみにしてるようです。

承認やレスの遅さは気にしてませんのでどんどんさんの
ペースでお願いします。レスが入ってると顔が綻び
ますので(╹◡╹)♡

ひな祭りは透過ではなかったようですねΣ( ̄。 ̄ノ)ノ



極薄煎餅です(*^^*) - DonDon

2018/03/06 (Tue) 19:36:42

きっと、「煎餅」という言葉から、
関東の方は、うるち米から作る「草加煎餅」などのような
醤油煎餅・塩煎餅類(いわゆる米菓煎餅)をイメージされたので、
「『炭酸煎餅』って、うるち米と炭酸をどのように???」
と戸惑われたのではないでしょうか?

関西人は、本来は材料が餅米の米菓を、
大きさによって「おかき」(欠き餅が由来)「あられ」と言い、
他の地方のうるち米の米菓も、つい「おかき」と言ってしまいます。
関西人にとっての「お煎餅」は、神戸の「瓦煎餅」や、
お土産で頂く博多の「二◯加(にわか)煎餅」のような、
小麦粉・卵・お砂糖を混ぜて鉄の型で挟んで焼いたお菓子なので、
「炭酸煎餅」も、材料を溶く水に代えて炭酸水を混ぜたことで
泡が入る分余計に軽く仕上がり、しかも薄さ1㎜あるかないかの
極薄ではあるものの、何の違和感もない「お煎餅」の一種です。

神戸・凮月堂(ふうげつどう)のゴーフルって、
関東の方は余りご存じないでしょうか?
関西では昔、お土産や、日持ちのする上等な(おもてなし用の)洋菓子の代表として、カステラと肩を並べていて、
今でも、可愛いキャラや季節柄の缶に入ったミニゴーフルなど
ちょっとした手土産に買ったりします。
大人になって、ヨックモックなど薄い焼き菓子でクリーム類を
巻いたり挟んだりしたお菓子が現れて、
「ゴーフルの更に上等版?」と思いました。
そのゴーフルの皮(クリームを挟んでいる板状の焼き菓子部分)と
炭酸煎餅は、炭酸を使っているかどうかの差はあっても、
似通っています。
今のように、赤ちゃん用のお菓子や、スナック菓子がなかった頃、
炭酸煎餅やたまごボーロ・乳ボーロ(今ならアレルギーに注意かも)なら、
赤ちゃんも、歯のないお年寄りも、口に含んでいるととけてくれるので、
重宝でした。

群馬の「磯部煎餅」が長四角で少しキツネ色なの(もあるの)に比べて、
兵庫県の城崎・有馬・宝塚の各温泉のものは
いずれも丸型で薄クリーム色の「色白丸顔美人」です(^^♪
  城崎 みなとや
      https://img21.shop-pro.jp/PA01387/130/product/117030625.jpg 
  有馬 三津森本舗
      https://traveltown.jp/arima/_wp/wp-content/uploads/2015/04/mitsumori02-640x480.jpg
  宝塚 いづみや本舗
https://scontent-sea1-1.cdninstagram.com/vp/33ed9702f5076ca7743506f40c6cd62f/5B48AE2D/t51.2885-15/e35/13099112_907398422706426_1234490537_n.jpg
      本家黄金家
      https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5e/e6/4566faf44f1f5ab60d3a7d72f7b5ccbd.jpg

今では、炭酸煎餅もクリームを挟んで、ゴーフルに益々似通ったものがあります。

土いじり - DonDon

2018/03/06 (Tue) 20:53:55

園芸とかガーデニングと名乗れるほどのものではないですが、
昔で言う「庭いじり」、今はマンションのバルコニーなので
「土いじり」ですが……(^^;)

少し時間ができたものの……。

実は一昨年大規模改修工事でバルコニーを空けなくてはならなかったので、
何棟もある大きなマンションなどでは鉢物の仮置き場を
用意して下さるようですが、拙宅のような小さなマンションは
それもなく、その週に工事で触る部分だけ何とかカラにするため
他の部分に移動する……を繰り返さなくてはなりませんでした。

とても、避難場所が足りず、その前2年ほどかけて、
友人(お花好きかつ庭のあるお宅の方が中々いらっしゃらないものです)や
父がショートステイでお世話になる施設などに
100鉢以上はお嫁に出しました。

今は、それでも何とか手元に残せたものばかりですが、
この時期は家に取り込んだシンビジウムと、
この寒さの中でも頑張って俯きがちに咲くクリスマスローズ
(本当は年明けて咲くのはレンテンローズというそうです)
が盛りです。

シンビといっても、進物など豪華な大鉢で入手したものは2鉢だけで、
学生時代から、7.5cmとか9cmのポットに植え付けられた
メリクロン(生長点繁殖)苗を通販で買って
3~6年目にようやく初花が数輪咲くのをひたすら待つとか、
春も遅くに咲き終わった鉢から抜いた株を切り分けた状態で
セロハン袋に包まれた処分品を育てたりとか、
本来売り物にならない2本立ちの小輪が食品スーパー店頭に
置かれているのを救助(?)したりといった、
収集の仕方を続けて来たのですが、
それでも、一戸建てにいた当時、春・秋は日光を良く浴びさせ、
夏は寒冷紗で日中の強過ぎる陽射しを遮り、
冬は室内で夜にも微弱暖房を入れていた頃は、
40鉢ほどあったシンビのうち、何とか半分ほどから1~4本の花茎が立ち、
年に30本前後咲いてくれていました。

今は、屋根のように上階のバルコニーが被さるので日光不足気味、
コンクリートが夏は焼け付いて高温で株は弱り、
冬場狭い室内に取り込むのを極力短期間にすることもあって、
小さな鉢20ほどのうち、花芽が着くのは数鉢だけといった惨状です( ノД`)シクシク
とはいえ、切り取ってかき集めると、それなりに賑やかには見えます。
シンビは花が長持ちするので、茎の天辺まで咲き上がった頃に切り取ると、
そこからでも1ヵ月ほどは持ってくれますヽ(^。^)ノ
ちょっとピンボケですがアップしてみました。

お父様は土作りからですね!
まだ寒いので、啓蟄の今日を過ぎてからでよいのでは?
本格的な方は、植え付けの2週間ほど前には土を調合し、
石灰や有機肥料も混ぜ込んで、馴染ませてから苗を植え付けますが、
この頃、素人が変に自己流で行うよりも優れた培養土や
根に触れても傷まない緩効性の化学肥料もあるので、
植え付ける日に畑や花壇の土を即席で作っても問題ないようですよ。

夏に、黒光りした美味しいお茄子がたくさん成るのが楽しみですね。
関西では、泉州の「水茄子」というのが、皮も軟らかく、
生で握りつぶすと水が滴るほどで、
お中元にお漬物としてお贈りしたり。
学生時代に、種を買って育てたことがあります。
入手可能でしたら、お漬物用にはお薦めです( ^^) _旦~~
http://nasu-sodatekata.com/%E3%83%8A%E3%82%B9-%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%96%B9/%E6%B0%B4%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%96%B9.html

お母様が楽しみに育てておいでのディモルフォセカ。
確か「アフリカ金盞花」として日本に紹介された
南アフリカ原産のキク科のお花ですね。
昔、育てました。
艶のあるオレンジや山吹色の先のとがった花びらが
放射線状に広がり、
春に辺りを明るくしてくれます。
お日様が当たらないと花を閉じたままです(;_;)
日本では一年草扱いですね。

少し遅れて日本に入って来た宿根性のディモルフォセカは
白やピンク、ローズで、花弁はつや消しのマットな色合いで
花弁の先も丸みを帯びていたりスプーン状にくびれていたりして、
冬は、ビニールで覆って温室状に保護し寒さから守ってやれば
宿根して、年々株が大きくなります。
ブルーデージーが宿根するのと似た感じで、こちらも何年か年越しさせました。
後に、この宿根タイプはオスティオスペルマムという別種として
独立させられましたが、ディモルフォセカとの交雑も生まれているようです。

秋蒔きなさったものが、今スクスクと育っているところでしょうか。
近頃の気温の急上昇で、冬の眠りを破って株が背伸びを始めた途端に
また真冬の寒さが舞い戻ると、植物は皆やられてしまいがちですので、
どうぞお大事に!!!


背景手抜きで - DonDon

2018/03/06 (Tue) 21:08:17

新しく画像を探さず、その昔に入口のページや掲示板用に
アップしたままになっている画像から、慌てて再利用しているもので、
今回はGIF画像なため、透過なしです。

お雛様の下の背景部分も白にするか、
緋毛氈の朱赤にするかも迷ったのですが、
全体がいつもと随分イメージチェンジになりそうで、
繧繝縁(うんげんべり)の雛畳の下に黒塗り台を敷きたいと思い、
真っ黒にしました(^_-)-☆

違いは?あるのかな? - くりちゃん

2018/03/08 (Thu) 23:28:57

食べたことはありませんが神戸凮月堂と上野凮月堂との
違いは如何に(笑)。多分上野の方も大変有名な銘菓
なのでしょうけどね(^○^)

シンビも水茄子も勉強になりました種探して入手出来たら
父母に贈ってあげようかと思います。
ディモルフォセカも夜だと萎んだようになってしまう
のですね。まだ花は咲いてないようですので花が
咲くようでしたらこちらにアップしようと思います。
まだスクスクではなさげですよ。寒の戻りでだいぶ
寒いですから。゚(゚´ω`゚)゚。

お雛様土台が黒ですと高級感溢れますね!

凮月堂 - DonDon

2018/03/10 (Sat) 07:27:37

関西の田舎者は、凮月堂=神戸と思っていましたら、
何と江戸時代に(大阪出身者が)お江戸で始めたお店が起源で、
その沿革には松平定信や水野忠邦が登場するという
凮月堂総本店や、初代の血を継ぐ上野凮月堂というのが
本家本元で有名なのですね!!!
初めて知りました。

関西のお店は正確には神戸凮月堂だと今回知りましたが、
それでも、勝手に名乗ったまがい物ではなく、
総本店から初めて暖簾を分けられた凮月堂米津本店から
きちんと(総本店のお許しも得た上で)
更に暖簾分けさせてもらったお店ということで、
納得です(*^^*)
正式に暖簾分けしてもらったので、家紋も
「扇に三日月」が使えるのですね(^_-)-☆

ディモルフォセカのお写真、楽しみにしておりますヽ(^。^)ノ
この週末朝方の真冬並みの寒さを抜ければ、
来週は4月並みの気温に一気に上昇とか。
きっと成長が早まりますね(^_-)-☆

水茄子も宜しければ畑の片隅で「試作」なさってみて下さい。
水分が多いだけでなくアクも少ないので、
極浅漬けやお刺身がお薦めのようです。

あくまでご参考:
【小林種苗】
★タキイ みず茄 [ANA016] 459円(30粒)or626円(60粒)+送200円(第4種郵)
  果皮軟らかく多汁質。初期から多収。分枝早い。
  http://www.kobayashi-seed.com/shopdetail/001008000048/001/008/X/page1/order/
★タキイ SL紫水[ANA003] 626円(40粒)+送200円(第4種郵)
  茎葉の棘が極少。軟らかく甘い。極早生で夏秋栽培。家庭菜園に。
  http://www.kobayashi-seed.com/shopdetail/001008000045/001/008/X/page1/order/

【錦幸園】楽天
★トーホク 紫泉 486円(1ml)+送80円(クロネコDM)
  果肉軟らかく水分豊富。浅漬けに最適。早期収穫。家庭菜園に。
  https://item.rakuten.co.jp/kinkouen/333000179000/?l2-id=pdt_shoplist_stext#10012866

【e-hanas】楽天
★タキイ とろけナス[ANA006] 500円+送160円(郵パケット)
  多汁質。果肉果皮とも軟らかい。極早生。多収。
  https://item.rakuten.co.jp/e-hanas2/4974650024258/?l2-id=pdt_shoplist_title#10002877

【野口のタネ】
★泉州絹皮水茄子 308円(1ml100粒)+送72円(第4種郵)
  果皮果肉とも軟らかい。多汁質で甘い。晩生。
  http://noguchiseed.com/hanbai/tane/shosai/1359.html#note

【国華園】
★泉州水なす 162円(0.5ml)+送70円
  中生。甘み強い。
【国華園】Amazon
★泉州水なす 408円(1ml)+送無料
  https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0798LY99N/

【菜園くらぶ】楽天
★マルタネ サラダ茄子 540円+送150円(メール便)
  果肉きめ細かい。
  https://item.rakuten.co.jp/nogyoya/5104222/
★トキタ 夢しずく 378円(40粒)+送150円(メール便)
  多汁質。多収。春蒔き。
  https://item.rakuten.co.jp/nogyoya/5133130/

【サカタのタネ】 540円(50粒)+送150円(3/25まで無料)
★サカタ ごちそう
  茎・葉・ヘタの棘強く要注意。皮軟らかく多汁質。アク少ない。
  https://sakata-netshop.com/shop/item_detail?item_id=81074979

早2月 - DonDon

2018/02/02 (Fri) 04:35:28

この頃、長レス入れると、投稿し終えてみたら
後半が消えていたり、先程は何度トライしても
最初の2行しか反映されえなかったりしたので、
試しにスレッド立て直してみます(;^_^A

関西にいると、「草津温泉」の名は知っていても
(これも、滋賀県の草津にあるものと
思い込んでいるor思っていた関西人多数ではありますが)、
「白根山」となると存在を知らないだけでなく、
文字だけでは読み方も???でしたので、
「草津国際スキー場」というのがあると聞けば、
もうスキー目的の山とばかり思ってしまいました。

ご紹介頂いたサイトによると、かなり高いところのレストハウスまで
自家用車で行けたり、
路線バスからロープウェイ職員送迎バスに乗ったりして、
そこから割合気軽に登れる山頂が並んでいるようで……。
とはいっても、いずれも標高2000m以上の道を辿るのですから、
ハイキングという訳には行かないのでしょうけれど。
夏は登山、冬はスキーで賑わう景勝地なのですね。

蔵王山もムズムズと動き出したとか、
先日の噴火前後にはアラスカ沖で強い地震があったとか、
太平洋の北の端は少々動きが活発な時期に入ったのでしょうか?
何せ世界の活火山の7%が日本に存在するというのですから、
この地に住んでいる限り、何があっても不思議ではないのかもしれません。

草津温泉など、観光地の風評被害が懸念される面もあり、
大きな噴石の警戒範囲は火口から2km辺りまでなので、
7km離れた温泉街まで噴石は飛んで来ないということなのですが、
大正末期の十勝岳の融雪型火山泥流は数km先の温泉を通り越し
20Km以上離れたところまで流れたと言い、
火山の規模が違うとはいえ南米コロンビアのネバドデルルイス火山で
1985年に発生した融雪型火山泥流は50m幅で100km先まで
2時間半で到達したと聞くと、「もしも」を心配して家族旅行・
修学旅行などキャンセルする人がいても責められない部分もあります。

でも、日本列島にいる限り、どこにいても、
たとえ火山の災害に遭わなくても地震は絶えず起こり、
南海トラフ地震などM8~9クラスの地震発生確率が
30年以内に70%程度というのですから、
日本で年間火災件数が1万3000件ほど、
国内の世帯数が5500万世帯で、単純計算では自宅が
30年で火事に遭う確率は約0.7%になるというのと比べると
その100倍は今後30年間に南海トラフ地震が起こる
ということになりそうです
(計算間違ってましたら、ゴメンナサイ。数値が大き過ぎて(;^ω^)  )

平均寿命 - DonDon

2018/02/02 (Fri) 04:56:01

↑の投稿、スレッド立てても部分的にしか反映されないことが
2度ありましたが、どうやら掲示板で使えない携帯電話用の
環境依存文字が含まれていた為、その前までだけが
受け入れられていたようです\(_ _*)

「もう二十年も経ってしまったら母はもちろんのこと
 私も他界してますよ(笑)。」
などと冗談で書いていらっしゃいましたが、
【長生き確率表:XX歳になるまで生きる確率】(2012年公表資料を元に)http://tknottet.sakura.ne.jp/pension/LivingProb.php
に拠れば、
例えば、あくまで例えば
現在70歳女性が90歳を迎える確率は50.9%
45歳男性が65歳まで生きる確率は89.5%だそうなので、
   たとえばくりちゃんさんが80歳男性であったなら、
   20年後の生存率はさすがに2.2%となりますが(^_-)-☆
20年後はまだまだくりちゃんさんがお母様に親孝行できる率
45%前後はあるということになりそうですね。

まぁそれまで孝行の機会を待っていらっしゃるわけではなく、
お小さい頃から孝行息子であったと確信しておりますよ(^O^)

早2月も半ば - くりちゃん

2018/02/12 (Mon) 22:20:37

こんばんは。

車酔いしなければどうぞ!

https://m.youtube.com/watch?v=SAJnkN0tn1Q

幼い頃観光バスでと免許証取ってから自分の運転で
二回程行った事があります。ここ最近は火山ガスが
危ないので途中止まっちゃいけなかったらしいです。
またドライブ行ける機会があればいいんですけどね。

お返事遅れましたm(__)m - DonDon

2018/03/02 (Fri) 04:18:42

承認だけでもさせて頂いておけばよかったものを、
半月も放置して失礼致しました<(_ _)>

少々取り込み中だった先月半ば、
ご紹介頂いた「峠」の動画を見始めると、
九十九折りを行く車窓を流れる雄大な眺めと
心地よいBGM、少しハスキーな低音のナレーションに
ついウトウト(´ぅω・`)――吉川晃司さんだったのですね。
「オッと」と気付いて頭から見直すとまたコックリコックリ
舟を漕いで……( ゚Д゚)
5分間の旅の途中で夢路に着いてしまうこと十回近く(;^ω^)
その日は断念して、後日ドライブルートを楽しみましたが、
助手席で熟睡してしまい、話し相手も務めないダメなナビ役に
ドライバーがイライラすることがよくあるというのと同様、
レスも入れずにナシのツブテの「レス不精」が
コメンターさんをヤキモキさせてしまったのではと、
反省しております。
その後は、最後までドライブを何度も堪能しています(*^^)v

ところで、肝心のドライブコース(^^♪
「志賀草津道路」国道292号は、標高の高い所を整った道がうねるように、
またある時はただひたすら真っ直ぐにゆっくりと上りが続くようで、
バイクですれ違う姿も見かけて、
国道最高地点を風を切って進むのは、どんなに気持ちよいだろうと
羨ましく思いました(*^^*)

動画は秋から冬に向かう道だったようで、
雲海も素敵でしたが、枯れ残ったススキと、
点在する赤く色付いた草木を見ては、
ススキの穂がフサフサ揺れる頃には昼は白銀色、
夕陽を浴びると黄金色に一面染まるのかしらとか……、
標高が高くまた過去の噴火で「森が消えた」と紹介されていたように
背丈のある樹々が少ない分、紅葉たけなわのシーズンは、
ナナカマドの赤、ダケカンバの黄、チシマザサの緑などが
点在して、その散りばめたような色の取り合わせが妙なのだろうな……
とか、想像して楽しみましたヽ(^。^)ノ

歴史上の噴火の跡でしょうか切り立った黒褐色の絶壁や
白いのがその名の通り白根山の岩肌でしょうか、
そして火口湖にたたえられた青緑の水など、
見どころいっぱいでした!

くりちゃんさんは、ご自身の運転で実際にこのルートを
ドライブされたのですね(^_-)-☆
絶景に見とれて運転を誤らないようにしなくてはね。
冬季の通行規制だけでなく、火山ガスで駐停車禁止の区間や
噴火警戒レベルが高かった時期の通行止めなどあったのですね。

そういえば、火山ガスではないですが、
(近くに火山を持たない)有馬温泉で先月、
安土桃山時代に豊臣秀吉が入ったとされている岩風呂の遺構に
近所の猫が迷い込んで倒れていると連絡を受け
救助に入った職員さんが、ガスによる酸欠で……という
痛ましい事故がありました。
有毒ガスではなかったらしいのですが。

有馬温泉は、かつてはサイダー、今も「炭酸煎餅」が名物で、
まだ科学的な事がわかっていない頃、
水の湧き出る穴や井戸に近付いた鳥や虫がすぐ倒れるので
「毒水」と呼ばれていたのが、後に
二酸化炭素が多量に溶け込んだ炭酸水と分かり、活用されたとのことです。

うちの母が… - くりちゃん

2018/01/09 (Tue) 09:58:36

何かあった時に使えって…
全てピン札(苦笑)。

使えないですよね。

まだ存命してる母ですが (´༎ຶོρ༎ຶོ`)

ホント有り難い。

いずこも いつの世も - DonDon

2018/01/24 (Wed) 04:09:31

母の想いは同じなのでしょうか。

拙宅でも、恐らく昭和終盤に500円玉が登場したり
一万・五千・千円の各紙幣が切り替わったりした当時、
旧札を五百円・百円も含めて、私達きょうだい3人に、
確か各1枚ずつセットにして封筒に入れ、
「いつか記念になるから」と渡してくれたのを思い出しました。

ずっと隠し引き出しに入れていたのは覚えているのですが、
二十年近く前の引っ越し時に、しっかり取り出した記憶はあるものの、
果たして今の家のどこに仕舞ったか――
この10日間ほど色々考えましたが、結局思い浮かばないままです。

くりちゃんさんはちゃんと大切に保管なさっていらっしゃるので、
お母様のお気持ちも活きますね(^_-)-☆

もう20年ほど経って、お母様に
「昔の聖徳太子や伊藤博文のお札、覚えてる?
 懐かしいよね」とご覧に入れ、
「これ、あの時のお札。
 一度も使わずに今日まで来られたよ。
 これにすがる場面があったなら、
 きっと母さんに足向けて 寝られないところだけれど、
 手を付けることもなくこうして今日まで来れたことこそ
 母さんのお蔭だと感謝しているよ」と
お伝えになる日を思い浮かべました(^^ゞ

関東は月曜の大雪から、火曜の都心部は一気に寒さが緩み、
そしてまた、氷点下の朝が数日は続くとか……。
そちらは、きっとそれどころではない大変な雪だったことでしょう。
零度を大きく下回る日々がしばらくはなくなりそうにないですから、
転倒やお風邪にも呉々もご自愛下さいませ。
極寒期をご両親様もつつがなくお過ごしになりますよう
お祈り致しております。
(まだまだお若いでしょうけれど、昨年のご入院や転倒を思うと
 大事を取るに越したことはないので、老婆心ながら)

本白根山 - DonDon

2018/01/24 (Wed) 17:14:04

昨日の噴火には本当に驚きました。
救助部隊のスキー訓練中に被災された方々は
これまで御岳山の噴火や高校生の雪崩遭難で、
皆さんの救助に当たられていたとか。

色々と観測や監視などで警戒していても、
その想定範囲を外れたところで災害は突然起こるものなのですね。
普段からの訓練や準備を重ねての登山に比べれば、
リフトで楽に上がれるスキー場は習熟度別とはいえ
家族で気軽に楽しめる冬のレジャースポット。
これ以上被害が広がらずに治まるよう願っています。

本白根山 - くりちゃん

2018/01/30 (Tue) 03:17:37

同じ群馬でもうちの方と草津の方では大分離れてるので
他人事としか思えないのですが改めて自然の脅威に驚き
ました。またいつ噴火するかどこが噴火するかわからな
いから怖いですよね。いつぞか付近の山が噴火する前に
草津温泉のお湯の温度がものすごく温くなってしまった
ことがあったそうです。全て下で繋がってるみたいなの
でそんな自然現象が耳に入って来るようですとまた近々
噴火するのかな?なんて警戒しなくてはいけませんね。

白根山は近くに国道が通ってて車で御釜まで行ける絶景
ポイントなんですが暫くお預けになりそうですね。

http://rakumeizan.kitakaruizawa.net/motoshirane/

もう二十年も経ってしまったら母はもちろんのこと私も
他界してますよ(笑)。紙幣的価値は望めませんがこういう
のって一生記憶に残りますよね。

私がこの世からいなくなる時に母に持って行ってあげよう
かと思います。

新年おめでとうございます。 - くりちゃん

2018/01/01 (Mon) 16:59:22

昨年末から断捨離の一環としてメルカリなるものを
始めてみました。普通の買取店だと10円或いは不可で
お持ち帰りなんてものがそこそこの金額で売れるので
なかなか楽しいです。

やっぱり万人向けのお店より欲してる人の方がお金
出してくれますからね。オークションと違い釣り上げ
はないので出品と購入がwin-winの関係になれればと。

なかにはお金や時間にルーズな人もいますけど負けずに
頑張っております。売価はこちらで決められるので
狐と狸の化かし合い的な感じで楽しんでます。

不用品も処分出来てちょっとしたお小遣いも入って…
元がかかってるのはさておき(笑)。

年末年始のくりちゃんでした。

あ! - くりちゃん

2018/01/02 (Tue) 12:41:59

壁紙も無事に新年迎えられましたね。

メルくり?(^O^) - DonDon URL

2018/01/03 (Wed) 03:50:50

「メリクリ!」や「あけおめ!」のように略して、
メルカリを楽しんでご活用のくりちゃんさんを
「メルくり」ちゃんとお呼びしてみました( *´艸`)

CMはテレビでよくみかけてはいますが、
「どうやって商品と代金を遣り取りしているの?」、
「個人情報は相手に伝えないでできるの?」
などなど疑問符のままでしたし、
そもそもスマホでしか利用できないと思っていたら、
パソコンからも使えるのだと、今、知りました(^^;)

「メルカリ」というのがラテン語の「商いする」に
由来しているとは思いも寄りませんでしたし……。
「メールで遣り取りするから?」
「売り買いなのに“借り”?
 いや、“カ”イ(買い) と ウ“リ”(売り)で“カリ”かも」
なんて、勝手に想像していた時代遅れの田舎者です(;^ω^)

その人にはもう不要になっても、
あるいは、まだ使えるけれども置いておく場所がなくても、
捨てられてしまうのでなく、
欲しい人、使いたい人の役に立ててもらえるのは、
元の持ち主だけでなく、その品物にとっても
嬉しいことですねヽ(^o^)丿

そして、お正月らしいおめでたい車体画像
ありがとうございました<(_ _)>
一瞬、「阪急の色の写り具合?」かと思いましたら、
京急なのですね♪

車体番号がちょうど2018だったのを、
うまく活用なさったアイデアですね。
昭和末期に優等列車として好評だった車体だそうで、
「来年は2019の車体が出番でしょうか?」と
期待しかけたものの、
四桁の数字が、
一桁目【2】=2000形(系列)
二桁目【0】=8両編成(編成両数) 
三桁目【1】=(編成番号)…よく理解できていません(^^;)
四桁目【8】=浦賀方から8両目=品川方端?(編成内の位置)
を表すそうですから、
8両編成の電車に9両目は存在しないわけですね。
残念!

でも、2017には1000形1次車の内の、
1017が浦賀方先頭なのを利用して、
2017に見立てたそうですから、
先頭車両でなくても同型1019を来年は活かすかも(^_-)-☆

男子の様には電車・列車に関心を持っていなかったので、
車両番号に意味があるなどとも思わず、
その会社で製造した順に0001から順に振られるのか
――程度に思っていました。
1本の電車の各車両が、阪急では必ずしも
並びでなかったような気もしたので、余計にそう思ったのかも。

その昔、JRと名を変える前の国鉄
(さすがに省線とは私は呼んだ記憶がありませんが)の
蒸気機関車にD51(デゴイチ)などと親しまれたものがあったり
(C57やC62も有名だったそうですが、D51ほどでは)、
子供向けの乗り物の本に、「車両に書かれたカタカナ2文字は、
貨物列車・寝台車などの区別を表す文字と
重量(だっかか朧気)を示す文字の組み合わせ」との解説と
幾つかの例が載っていて、弟などは興味が湧いて、
しばらくは踏み切りを通る列車の記号に目を引かれ、
知っているカタカナを見つけると喜んでいました(*^^)v

画像は、阪急梅田駅の車止めがお正月らしく飾られている様子。
私も初めて知りました(*^_^*)
お正月に都会まで出たことがない証拠(^^;)
URLも今年以外も含めて車止め画像です。
お正月でなくても、幾らか鉢物で飾られているようです。

メルクリ(笑)。 - くりちゃん

2018/01/03 (Wed) 23:02:21

最初はそう思ってたんですよ。
でもこちらもメルカリ便というのを使えば
匿名で発送出来ますし相手の名前も住所も
わからないまま届くという仕組みなんです。

お金のやり取りは一度メルカリの方で預かって
決済後商品到着したら金額が計上される仕組み
になってまして申請すれば口座に振り込まれる
という仕組みになっております。

今回出品したものは買取不可の物や買取出来ても
金額的には微々たるものばかりでした。多分全部
合わせても千円になるかならないか位でした。

だから落札される金額なんてどうでも良かったし
売れないと思ったらどんどん落札金額安くして
いきました(笑)。それでも捨てようと思ってた
物を落札されてお礼を言われて大事にされる人の
気持ちを考えたら嬉しくなっちゃって…

それでも諭吉さんが舞い込んで来る位にはなり
ましたよ。まさにwin-winの関係ですかね。
欲を言えばもっと高く売りたいし高いままだと
売れないし狐と狸の化かし合いでフリマの難しさ
がわかりました。でも寒い思いをしなくて良いのは
いいですね。

省線てのは初めて聞きましたよ(笑)。調べたら鉄道省
のことだったんですね。うちの親でも省線とはいい
ませんでしたよ(๑>◡<๑)

阪急梅田駅も洒落た事されてるんですね。流石大都会
の駅です。

そんな私もお正月は家でまったりお出掛けは宅急便
の営業所という三日間を過ごしましたよ。

死語の世界(^^;) - DonDon

2018/01/06 (Sat) 05:00:51

大正や昭和一桁生まれの人たちは、
昭和の後半まで使ったようです。

特に、今自分が住んでいる所を走っているのは(当時)
「国鉄」と言えるのに、
若い頃に住んでいた街の話をすると、
位置関係を説明するのに「省線と産業道路が走っていて」など
と口をついて出ていました(^O^)

市町村合併や学校の統合があっても、
昔の想い出話の中では旧称の方がわかりやすいように、
「当時」の呼び方のほうが、それを知っている者同士には
通じやすいのでしょうけれど、昔を知らない者にも
旧称で話したのは、新称になってからは(かつて親しんだ街の)
それを示すのに使ったことがないから、
頭の中で切り替わっていないのだと思います。

「諭吉さん」が今では1万円札の俗称ですが、
昔は「聖徳太子が懐から飛んで行った」などと言いましたし、
昭和の小説や随筆には「聖徳太子」=高額紙幣として
登場したはずです。

「万札として」と書かなかったのは、
昭和終盤に新渡戸稲造のお札がでるまで、
五千円札も聖徳太子だったから。
私の小さい時は、千円札も聖徳太子(~_~;)
千円って、結構大きなお金だったのだと思います。
まだサラリーマンの月給が2万とか3万とかだったのかも。

黒いお札(千・五千・一万)と、
赤いお札(板垣退助の百円)・青いお札(岩倉具視の五百円)
を見慣れていた目には、
白い千円札の伊藤博文はモダンな感じがして新鮮でした。
母が引き出しに入れていたお財布の千円が見当たらないので、
「知らないよね?」とまだ幼児の妹にダメ元で尋ねたら、
「ヨッチャン(自分のこと)、白いお札持ってなかったから」と、
自分の赤・青にコレクションとして加えたかったので、
黙って持って行ったことがわかったのでしたヽ(^o^)丿

親の世代となると終戦直後、「初めて千円札が発行され、
それが手に入った時、田舎では持っていることを
見せびらかしたい程、珍しかったので、
(自分の)親から、『あちらの店、こちらの店で、
この札で支払うと言って(どこもそれに対するお釣りを
持ち合わせていないので)断られて来い』と言われ、
実際に何軒か回って面白がったものだ」と
父が実体験を語っていました。。
何しろ、田舎の小さな古家なら買えたかもしれなかったとのこと。

また母の幼い弟妹は、アルミの一円玉になった当時、
お金の価値もあまりわかっていないので、
お年玉には十円玉より(一円札でなく)一円玉を
ポチ袋に入れてもらって喜んでいたそうです。
それも、「目新しい一円玉10枚がいい」というわけでもなく、
一円玉数枚で実際には十円玉より安く済まされても、
「新しいお金だし、枚数は多いし」で、納得していたとか\(~o~)/

硬貨・紙幣は発行が終っても何年か流通していたこともあり、
私自身、穴のない五円玉・五十円玉や鳳凰の百円玉も
財布に交っていた記憶がありますし、
真上から見た大輪の菊の真ん中に穴の開いた五十円玉や
稲穂の百円玉から
現在の小菊の五十円玉・桜の百円玉に切り替わる時、
「これまで理科で、磁石にくっ付くお金として
五十円玉もありましたが。今度からは材料が変わって
くっ付かなくなります」と説明を受けたものです。

あぁ、またまた「日本むかし話」になってしまい、
失礼致しましたm(__)m

こんにちは。 - くりちゃん

2017/12/13 (Wed) 11:09:53

ハロウィンのお祭り気分も抜けもう紅葉も終わった頃では
ないでしょうか?ドンドンさんお元気ですか?

最近うちの方では朝晩車の窓が凍るようになり朝の忙しい
時間が大変になって来ました。小春日和が続いたな?と
思ったらこの厳しい寒さで凍死しそうです。

ドンドンさん多忙かとは思いますがお身体に気をつけて
良い年をお迎えください。と綴ってしまうともう今年は
書き込みに来ないのかと思いがちですが心配しないで
下さい。年内無休なのでまたいつでも来ます。

Re: こんにちは。 - DonDon

2017/12/15 (Fri) 04:32:24

そちらでは、自動車の窓ガラスに霜がビッシリと付くほどの冷え込みなのですね
Σ( ̄ロ ̄lll)
弟が北関東に住み始めた頃に、深夜まで残業し帰宅の途に就く時は窓霜がビッシリ着いていると聞いたのを思い出しました。
曇り取りのデフロスターで暖まるのを待つのは結構かかるので、
霜取りスクレーパーとかいうヘラのような物で掻き取ったり、
夏の日除け兼用のフロントガラスカバーで覆っておいたりするようですね。

昔々、まだクルマの性能が今のようによくない当時、関西でも早朝には低温でエンジンがかからず、緩やかな坂を「押し掛け」で母が後ろから押して下りつつ、運転席の父がギュルルルルルンとキーを捻っていたのを覚えています。
母が古毛布の丈を四つ折りにしてマスク状に紐をつけ、ボンネットを覆うように(当時はフェンダーミラーに)引っ掛けて、少しでも保温するためにかぶせていましたっけ。

霜取りスプレーは毎回だと高くつくので、
アルコール希釈液で溶かすというのもあるそうですが、
https://rocketnews24.com/2017/11/16/981442/
https://www.youtube.com/watch?v=UWzstrH2TB4
アルコールは寒い車内に置いておいても凍る心配もないのですね(@v@)V
でも、大量にかけて塗装部分まで垂れると傷んだり、
直後にワイパーを動かすとゴムが劣化したりと、
注意点もあるようで(市販品もエタノール含むので同じかしら?)、
余分な液は拭き取るそうですから、
これが面倒なような………。

そういえば、かつて冷凍庫の霜取りに
(この頃は自動霜取りで殆ど不要ですが)、
吸水用に前縁床上に沿ってバスタオルなどをかませておいて、
お湯を入れた台所洗剤の空容器を押し絞ってかけては
溶かしていたのですが、
アルコールをかけると簡単に溶けると聞いた記憶はあります。
ただ、最近は冷蔵庫内掃除のクリーナーにも使われ、
「生活の知恵」的なサイトで来ない掃除にはアルコール
(エタノール)が薦められているものの、
その昔、「冷蔵庫内にアルコールを使ってはいけない」との
注意もテレビで聴いたことがあったため
(冷却剤か触媒か何かに影響するとかで)、
実際には使わずに来ましたが、これも
霜や氷をアルコールで溶かすという理屈だったのですね。
(今でも、「エタノールでの庫内掃除は『アルコール禁止の
メーカー製品』以外」と注意書きで限定しているサイトもあります)

関東は、寒さが緩んで季節が少し逆戻りしたかと思ったら
翌日10度以上気温が下ったりと本当に乱高下気味で、
体調維持にも気を遣われますね。
この2~3日は、特に日本海側は西日本まで例年以上の降雪があったり、
厳しい冷え込みです。
お互い風邪など引かないように気を付けて、元気に年末の雑用を
こなしましょう!
(くりちゃんさんは、雑用ではなく要用が殆どでしょうが)

慌てて、散紅葉を掃き集めて、クリスマスに模様替えしました

Re: こんにちは。 - くりちゃん

2017/12/18 (Mon) 19:17:39

ドンドンさんには弟さんがいらして北関東に在住なん
ですね。ちょっとびっくり。

寒い朝車後ろ押しましたよ。寒いとエンジンのかかりが
悪くて毎朝起こされてましたよ。

今朝は車の温度計が−3℃でガラスがガチガチでした。
解氷剤使ってもワイパーのゴムがダメになるのが早い
のでひたすら車が温まるのを極寒の車内でブルブル
震えながら待ってます(笑)。

ガチガチ - DonDon

2017/12/18 (Mon) 23:50:07

ガチガチに凍った窓に囲まれて、
車内でブルブルガタガタ震えていらっしゃるくりちゃんさん!
その微振動が動力となって発電できれば、
霜も早く融けるのに!!!

そういえば今日、帰りの阪急電車の車内吊りに、
電鉄の取り組みとして、「回生ブレーキ車両の導入」
というのがありました。
ブレーキ時は電動機の回転力を活かし、発電機として使用し
(回生ブレーキという)電力を架線に返し、
周辺を走行する他の加速中の列車の電力として使用する
――というものです。

普段は顧みられないちょっとした動きが、
何らかのエネルギーを生み出すなら、省エネ&エコですねぇ
貧乏ゆすりとか、歯ぎしりとか

北関東に弟が移り住んだのはもう30年以上前ですが、
当時は真冬、会社の借り上げ社宅であるハイツで、
就寝前に炬燵の上などに置いたままにしたコップに残る水は、
翌朝、室内でも見事に凍っていたといいます
今は気密性・断熱性のよい家にいるせいもありますが、
「年々温暖化で、最低気温も昔より2~3度は高くなっている」
そうで、
もう室内で凍ることはないだろうと言ってます。

くりちゃんさんの辺りでも、温暖化を実感なさることがありますか???
夏の記録的猛暑は、温暖化を物語っているとは思いますけれど。

Re: こんにちは。 - くりちゃん

2017/12/19 (Tue) 09:52:01

温暖化とは言っても寒いものは寒いですが…

回生ブレーキはハイブリッド車でも使われてますね。
アクセル戻したりブレーキ踏んだりした時に発電する
みたいなシステムですよね。

地球に優しいからとオール家電にした友人が停電したら
何も出来なかったと散々怒ってましたが電気も貯められ
ればそんなことはなかったんですけどね。

子供の頃はそうですね…軒下に氷柱が出来てましたね。
それに水溜りも凍ってましたし水道管も破裂しました。
今は見られない光景ですね。雪も30センチ位降ったん
ですけど今は年に何回か積もるか積もらないか位です。

今でも冬は冷蔵庫にビール入れて冷やさなくても炬燵の
上に置いておけば朝冷たいビールが飲めますよ(笑)。

夏の猛暑は都会の方のエアコンの室外機の熱風がこっち
に吹いて来て熱がこもるからみたいですよ(苦笑)。

エコだなんて言いながら猛暑の時エアコン使わず熱中症に
なって死んでしまったり厳寒なのに暖房炊かずに凍死して
しまったり色々毎年ありますが自分の命を守るエネルギー
位はケチらずに使いたいものですね。

ただでさえ貧困で今の世の中で餓死してしまう人も沢山
いるのですから。色々事情はあったのでしょうけど…

つらら(+o+) - DonDon

2018/01/01 (Mon) 05:24:54

30cm積雪という頃もあったのですね。
さすがに、この辺りでは「氷柱」見たことないです!!!

「霜柱」なら、昔プランターに粟粒並みの小さな種を蒔いて育てていた当時、か細い根でも張りやすいように、普通の土より柔らかく水持ちのよいバーミキュライトやピートモスなど軽い用土を多く使ったところ、毎朝霜柱で苗が浮き上がり、陽が当たってしばらくすると融けるので、そっと押さえるのですが、「翌朝には再び」を繰り返したことがあったのを覚えています。
庭の水道管が破裂したこと、うちでもありました(^▽^;)
「明日は凍結の恐れ」と予報が出ると、蛇口をどこかほんの少し開けてポタリポタリと滴が落ちるようにして、水道管の中にかすかにでも動きがあるようにしたものです。

ビール、ちょうど呑み頃ですか(^_-)-☆
極寒の地域では、物が凍らないように冷蔵庫に入れておくと言いますものね(^O^)

エアコン苦手な私は、川沿いのマンションで風通しがよいこともあって、自然風や扇風機で過ごすことが多く、どうしても暑いからと冷房をつける時は30℃(以前の機種は32℃設定できたのですが……)にセットして、冷えて来過ぎると止めます。
足がジンジン冷えて痛だるく重くなってしまうので、冷房時は薄手のレッグウォーマーが必需品です。
長袖のカーディガンを慌てて羽織ることも。
エアコンのない時代に育って、汗腺がやたら多過ぎるのかも(^^;)

冬の居間は、エアコン暖房にホットカーペット、テーブルの下にはヒーター――と、使い過ぎ?
以前は25℃にセットしていましたが、今は21℃、陽射しがない日は23℃に抑えて、厚手を1枚余分に着たり、ひざ掛けをしたりしています。
それでも夜は、電気敷き毛布と、掛け側・敷き側とも毛布とお布団の間にチタンシートで熱を逃さないようにして、肩当もして寝ています。
今は電気毛布の目盛り2~3で済んでいますが、チタンシートのない頃は、目盛り8~強にしないと震えていました。
脂肪の塊の割に、熱が溜められないようです( *´艸`)

「“勿体ない”精神が強過ぎて」「生活が苦しく経費節減のため」「認知症で季節感や適温がわからない」「機械の設定の複雑さや操作ミス」から熱中症や低体温症で体調を崩したり命を落としたりするのはもっての外ですが、自身が本当に快適と感ずる温度帯が、周囲から見れば「危険」と判断されると、妥協点(?)を見い出しにくい部分もあるかもしれません。

その昔、夏は今より平均気温が低く、建物の構造(風通しや、軒が作り出す日陰)や隣との関係(窓と窓が向き合ったり室外機がすぐ前にあることがなかった)も違ったので、もう少し過ごしやすかった面もありますが、冬はと言えば、ガラス戸もなく障子に雨戸、暖を取る火鉢も家に一つ、お手洗いは外廊下から下駄を履いて――という時代(うちの父の幼少期はまだこの状況)は、極々丈夫な者だけが逞しく生き延びたのでしょう。
幼い子の生存率が低かったり、冬の夜中や朝方に心臓や脳に異常を来す方が多かったりしたのも、無理ありません。

今は機械を上手に活用すれば体に無理をかけずに過ごせる恵まれた時代ではありますが、「汗かいてるわ」「顔が赤いよ」「喉乾いてない?」「顔色悪いけれど」「ほら指が冷たい」とそばで見守り小まめに声掛けしてくれる家族がいない、独り暮らしや夫婦だけの高齢者が増えたことも、つつがなく暮らすのを難しくしている気がします。

年明け早々、少々暗い話題のほうに進んでしまい反省\(_ _*)
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
今度お立ち寄り下さる時は、新しいスレッドにお上がり下さいませ(^人^)

ちょっと脱線 - DonDon URL

2017/10/16 (Mon) 22:38:12

おっと、電車が脱線しては大問題ですが、
以前↓のほうで、タカラヅカ(カタカナ表記の時は
ただの宝塚市ではなく宝塚歌劇団を指します。
クルマと書くと、ただの車輪ではなく自動車、
それも愛車・自家用車や愛着のある働く自動車などを
意味するのと似ています)のある街には興味があると
仰っていたのを思い出し、
阪急電鉄宝塚駅の発車メロディーをご紹介しましょう。

梅田駅(阪急の大阪ターミナル駅)と終点宝塚駅を結ぶ
「宝塚線」と、

宝塚駅と西宮北口駅(と、正確には、途切れて再び
西宮北口駅から先の今津駅まで)を結ぶ「今津線」

の2線が出ます。
(「今津線」は、西宮北口駅で、
梅田駅と三宮駅=阪急の神戸ターミナル駅を繋ぐ
「神戸線」に乗り換えて、大阪や神戸方面に行けます。
昔は西宮北口駅構内で今津線と神戸線が平面交差していて
鉄道ファンには珍しいと人気でした)

URL欄にYouTubeのページ載せますね。
これは3年前のタカラヅカ100周年の頃の記念車両が映っています。
先日は、手塚治虫さんの作品が飾っている車両に偶然乗車し、
思わず撮りました(^^ゞ

もう一車両 - DonDon URL

2017/10/16 (Mon) 22:41:31

阪急ラッピング列車コレクション【宝塚線】のページも
URL欄に載せておきましょう。
私の慌てた撮影より、綺麗に映っていますから。

ありがとうございます。 - くりちゃん URL

2017/10/19 (Thu) 00:22:39

鉄道ファンでも野球ファンでもないのですが阪急を知った
のはやっぱりアンダースローの山田久志投手でしたね。
子供心にカッコいいと思いました。

電車は小さい頃興味を持って図鑑とか良く読んでました。
お小遣いじゃ行けない距離なだけ余計に夢見てました。

初めて関西の私鉄に乗ったのは就職試験の為に
大阪遠征して乗った阪神電車。でも観光もしないまま
とんぼ返りで運転が激しいと思ったのが印象的でした。
その前に明治村に行きたくて名古屋の私鉄は乗ってたん
ですけど初めての関西はカルチャーショックでした。

まだネットもない時代でエスカレーターは右乗り…
食事は相席当たり前でお姉様達は馴れ馴れしく話して
喋りが違うと根掘り葉掘り聞かれる始末(笑)。
でも人間の温かみが感じられた出来事でした。東京じゃ
絶対ありえない事ですからね。

だからこの間の新世界訪問は待望の出来事だったのです。

そういえば阪急電車物心ついた時からマルーン色で高級
そうなイメージですよね。こっちで言えば田園都市線…
みたいな感じでしょうか?

うちの最寄りの駅の発車ベルURL欄に
YouTubeのページ載せます
最近じゃ滅多に電車乗らないんですけどね (^◇^;)

関東じゃ1番線2番線というんですけど阪急じゃ…
1号線2号線と言うんですね。
ところでこの平面交差ぶつかった事がないんですかね?
というわけで脱線の時間でした。チャンチャン。

ボトルに入れてお手紙流しておきますね(笑)。
dondonさんは良く電車乗られるんですか?


追伸…余談です(笑)。

しばらくの間禁止ワードで投稿できませんと出て
どの文字が禁止なのかわからず考えてました(苦笑)。

やっと発見し書き直して投稿したという次第です。

↓の投稿で画像が表示されない時期はありましたよ。
ヤギさんの時が多かったかな?

マルーンの疾風(かぜ) - DonDon

2017/11/02 (Thu) 19:33:43

禁止ワードでご迷惑をおかけしていたようで、失礼致しました。
もともと掲示板側で卑猥な単語、怪しげなサイトへの勧誘に使われそうな単語を何十か指定されており(もちろん自分でも追加できるのですが)、それに引っかかっていたのでしょうか?
「募」「集」くらいかしら?
根気よく「禁止ワード」を探し出して取り除いて下さったそうで感謝です!!!

「そちらの駅は5番線まであるとは、大きな駅ですね」と書いて、よく考えるとこちらも4号線まではありました(;''∀'')
乗降客数も今調べてこちら4万以上いるのに驚きました(@_@)
こちら寂れる一方の郊外観光・住宅地の駅ですが、阪急2線間の乗り換えをすると往復で4人と数えられるのでしょうし、JRとも乗り換えがあるので、本当にこの駅周辺に降り立つ人の何倍もの集計になっているようです。

阪急電鉄の生みの親、小林一三翁が、乗客を増やすために、沿線に観光客を呼ぶ宝塚歌劇・宝塚ファミリーランド・阪急ブレーブスなどを作り、大阪の終点構内に阪急百貨店(呉服店由来や銀座などの商業地でなく日本初のターミナルデパート)を建て、平日も多数が電車を利用するよう沿線に住宅街を開き、住宅ローンを設けて割賦販売するという、新発想・企画性・実行力で作り上げた京阪神地区ですが、遊園地やプロ野球球団は消えてしまいました。
山田久志投手、東北出身で、サブマリン投法で有名でした。中沢捕手が受けていました。
盗塁王福本選手、当時は長期間1チーム専属の様に外国人選手が根を下ろしていて、ウィリアムス、マルカーノが馴染んでいたものです。トリプルスリーを達成した絶世の美男子 簑田選手、そして後には、ブーマーやアニマルもパ・リーグとしては有名な個性派でした。「日本人第一号の米国野球殿堂入り」した山森選手も。

今は一つの会社となった阪急と阪神ですが、昔は並行して梅田~三宮間を走り、デパート・球団・遊園地・梅田と六甲山にホテルを持つ好敵手で、職員同士の対抗野球試合などあったと聞いたことがあるような……。
ただ、小さい時から阪急電車しか知らずにいると、「電車は落ち着いた一色で塗装されているもの」「お客さんはお出かけにおしゃれした女の人(特にタカラヅカファンはレースやフリル、和服など)と、通勤サラリーマンと、学生」に慣れきっていて、初めて阪神電車に乗った時は関西人でもカルチャーショック!
玩具のようなツートンカラーで、当時は下駄ばき・エプロン掛けで隣の駅まで(停留所より近い?)お豆腐を買いに行くようなオバちゃんがバタバタと乗って来るし、発車と同時にフルスピード直後にブレーキかかってもう停車という各駅停車の運転は、ゆったりと住宅街を走る阪急と丸っ切り違いました!

西宮北口駅にあった平面交差ダイアモンド・クロスは、私の記憶の中では事故の文字はありません。
阪神電車の運転では絶対無理だったことでしょう( ´艸`)

小豆色と思っていた阪急電車の色は、くりちゃんさんの仰る通り栗の「マルーンカラー」と会社が発表しているようですね。電車のカレンダーのタイトルが「マルーンの疾風(かぜ)」となっていたことがありました。
でも関西人も、「マルーンって何のこと?」っていう人が殆どでしょう(^o^)

駅メロ - DonDon

2017/11/02 (Thu) 20:12:20

話は駅の音楽に戻ります。

宝塚駅で発車時に音楽が鳴るので、各線の終点や乗換駅でも必ずなるのかと思いましたが、梅田と宝塚くらいのようですね。
そちらの駅は、オリジナル作品でなく聞き覚えのある既存の曲を使うのはワンマン運転路線だけで、「信号開通メロディ」というのですね。

中山美穂の曲は、群馬生まれに因んだものでしょうか?
「デイドリーム・ビリーバー」は、忌野清志郎より元々のザ・モンキーズで知っている世代です(;^_^A
クラスの皆がザ・タイガース、ザ・テンプターズ、ザ・スパイダースなどの日本の主流派グループサウンズ(GS)にキャーキャー言ていた中、ちょっと洒落たお姉さんがいる女の子は、その影響で外国のローリング・ストーンズなどの曲にはまっていたり、ザ・モンキーズは、「シャボン玉ホリデー」や後々の「SMAP×SMAP」ほどコントが交じっていたわけではありませんが、純粋な歌番組やかっこいいアイドルの表情だけを追うのではなく、素顔やドタバタ的な要素があった「ザ・モンキーズ・ショー」というテレビ番組が面白いからとすすめてくれたりしたものです。
「デイドリーム・ビリーバー」「黄色いリボン」(映画は見ていなくても『あの娘の黄色いリボン、誰に見しょとの髪飾り?』という日本語歌詞を知っています)「メリーさんの羊」の採用理由はなんでしょうね?

今日、テレビの「ひるおび」のオープニングで三連休のお薦め紅葉スポットとしてそちらの県の、どこだったかしら紹介されていたようです。
前面真っ赤でなくオレンジや山吹や朱が点在する感じが可愛らしく、確か高い所から見下ろす景勝地の代表として紹介されていたのではと思うのですが、テレビ前を通りすがりに地名が表示され、ひらがなだった事以外、思い出せませんΣ(゚д゚lll)ガーン
こちら以上に秋から冬へと季節が進んでいそうですね。
お風邪など召されませんようにご自愛下さいませ(^人^)
私は先週インフルンザの予防接種打ちました。

そうそう、11月に入り、くりちゃんさんが解明して下さったここの背景をハロウィンから変えなくてはと、紅葉にしたものの、画像以外の背景色を白に変更して更新したのに、未だに黒なのは、なぜかしら???
また、ある日突然白に変わるかも……。

今年も残すところ2ヵ月、気ばかり焦りますが、相変わらずマイペースのノンビリ路線です。

検証してみました。 - くりちゃん

2017/10/15 (Sun) 00:31:25

こんばんは。

こちらの壁紙はフリー素材でありましたね。
画像自体は透過になってるので背景は黒になってると
思います。でも同じ壁紙のデザインはありませんでした。
多分画像を入れ替えれば一年中ハロウィンではないと
思いますよ。


英語で文通ですか?すごいですね。そのような経験は
ないですけどまだネットを始めた頃ODNの見知らぬ
会員同士ランダムに選ばれてメールの交換をしてた事
があります。確か九州の方で主婦の方だった記憶…
しかないですけどあの頃は楽しかったですね。

今は汚れてしまったので(苦笑)。

この背景好きですよ。

ほんとにもう10度以上変わると全然違いますね。
シャツ一枚がパーカーでも着ないと凍死しそうです。
寝るときもタオルケットが毛布に早替わりしました。

そんなこんなで取り急ぎ。

船便にも航空便にも負けませんよ(笑)。

Re: 検証してみました。 - くりちゃん

2017/10/15 (Sun) 22:35:51

これこれ…画像bg.pngってファイルでありますね。
やっぱりこれも透過ですので背景は黒になってますよ。
勝手にというのはわかりませんが…クリスマスの時期に
クリスマスの背景に変わっている事をお祈りします(笑)。
ネタはこの掲示板から拾いました。

文春砲には負けますけど( ̄+ー ̄)

本当にボケて来た(;''∀'') - DonDon

2017/10/16 (Mon) 03:01:53

日曜に、くりちゃんさんの検証ご報告を読んで、
そういえば、このクマちゃん魔法使いは、
「イラストわんパグ」さんの系統だなとと思いつつ、
もう一度、掲示板の管理画面に入り、よく考えてみると、
少しずつ思い出して来ました(;''∀'')

先月末にくりちゃんさんの【そんなに若くは…】のご投稿を頂き承認した時に、
レスを入れる前に管理画面で、いつからかテンプレート設定が
増えているのを見付け、
あるテンプレートをプレビューして、うちの掲示板の内容が
そのテンプレート形式で表示されたのが、イイ感じだったので、
適用したところレイアウトが崩れて画面左端にすべて寄ってしまったため、
慌ててテンプレート機能オフにしたら、
レイアウトや文字サイズ・配色は全体に元通りになったものの、
今度は背景が真っ白に。
――ここまでの記憶は合っていました。

その後、「テンプレート設定」コーナーとは別の「簡単デザイン」コーナーで、
ページ背景色を#000000にして<設定反映>しても黒に戻らず、
コメントやレスの囲み内だけ黒で後は囲みの外全体が真っ白で
間が抜けたまま(;^_^A
ページ背景色を#FFFFFFに変更してから再び#000000に戻しても、
赤など他の色を指定してみても、ページ更新したところで、真っ白状態。

「いっそのこと、背景画像をアップしたら、白から替えられるか?」
とテストする際に、
本当に使いたい背景画像ではなく、取り敢えずその辺に保存してある画像をと、
黒地かどうか気にせず臨時にアップしロードてみる際、
そのころ、ハロウィンイラストを色々集めていた中からアップしようとしたら、
いくつかの画像がはじかれ、「64KBまで」に限定されていることに気付いて、
取り敢えず小さな画像を選んでアップしてみたことがあったのを
思い出しました。
ただ、アップした上で<設定反映>にしても、掲示板を開くと
「更新」したところで、背景は白地から変わらず、背景画像もなく間抜けのまま( ;∀;)
何度も何度も背景色と背景画像を色々試したことを、
すっかり忘れていましたが、
結局いつまでも白無地から抜け出せず、疲れ切って諦めることとし、
「レスはまた今度」と、承認だけ済ました状態で背景白で
放置したのでした。
この辺りのことをすっかり記憶の外に追いやってしまっていて、
自分の認知症の進み具合に愕然(+o+)

翌日、翌々日もテストしたのに背景色や背景画像が指定通りに反映されず、
それにばかり時間を取られて、結局レスを入れないまま。
(そういえば、その頃、メッセージと共に投稿された画像を
 サムネイルのクリックで別ウィンドウに元サイズで表示しようと
 すると、「このページが表示できません」となり、
 いくつかの他の投稿画像でテストしてみても同じ結果ばかり
 ――ということがありました)
確か、IEを閉じて開き直してみても、
パソコン自体を再起動してIEを改めて起こしても、
その状態が続きました。

根負けして、もう背景色や背景画像は諦め、いつまでも
くりちゃんさんにレスを入れないままでは、
船便より遅いお返事になってしまいそうなので、
昨夜投稿しようと掲示板を開くと、今の状態に!!!
クマちゃん魔法使いを自分がテストでアップしたのも、
(当時アップ結果が反映されなかった上、
 一旦アップした画像は皆同じbg.*という画像名になってしまうため)
どの画像をテストに使ったかさえ確認できなかったため忘れていたのでしたΣ(゚д゚lll)ガーン
ジャック・オー・ランタンに笑われているぅぅぅ(^^ゞ

なぜか、「簡単デザイン」コーナーでの指定が無事に反映されるように
正常に戻ったので、これでハロウィンが永遠に続くことを避けられそうで、
一安心( ◠‿◠ )
でも、また11月に背景画像を変更しようとしたら、先月末の様に
設定が反映されない事態が起きる可能性もあり、少々ヒヤヒヤです。

ソースで画像のアドレスやファイル名まで確認して頂き感謝です<(_ _)>

明日関東は12月の気温とか(*_*;
どうぞお風邪を召しませんように(^人^)
半月ほど前の自分の行動を思い出すだけに終始したコメントが、
センテンス・スプリングならぬ、相変わらずのセンテンス・ソーロング
お許し下さいm(__)m

Re: 本当にボケて来た(;''∀'') - くりちゃん

2017/10/18 (Wed) 21:54:05

はーいはーいまだまだ大丈夫(笑)。

よく言われてる事ですけどこれだけ覚えてるん
でしたら物忘れですよd( ̄  ̄)

昨日の朝御飯何を食べたのか思い出せないのが
物忘れで今朝のご飯を食べた事を思い出せないのが
ボケですので…


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.